桃農家が食べて感動した桃の激ウマな組み合わせ【随時更新】

どうも、桃農家geradeausです。

桃が好きで6月下旬から3か月以上毎日桃を食べ続けてます。

冬には瓶詰で作った桃のコンポートで桃を食べつないでいます(笑

 

そんな私が感動した桃の食べ方をお勧めしますよ!

美味しいと思ったものがあったら随時更新してきます。

 

桃×紅茶

これ最高です。

特に晩生品種で糖度の高いものとの組み合わせがGoodです。

しっかり待って果肉を柔らかくした、あま~い桃が最も合います。

 

私は基本桃は加工せずフレッシュな状態で食べるのが最も美味しいと思っています。

しかしながら晩生品種になると糖度が高く、ずっと生で食べていると少し変化が欲しくなります。

そんな時にストレートの紅茶(私はアールグレイ)と一緒に食べると、口の中が芳醇なピーチティーを飲んだかのようになります。

本物のピーチティーでは味わえないような、甘み、苦み、風味のバランスは生の素材を掛け合わせたからこそ生まれるハーモニーだと感激しました。

岡山の桃だと、盆過ぎの桃からこういう食べ方をおススメしたいです。

 

桃×ブラックベリー

フレッシュな素材同士の組み合わせです。

これまた甘い桃にブラックベリーの酸味がすごく合います。

ブラックベリー単体を食べると酸味が際立ちすぎるのですが、桃と交互に食べることでお互いのいいところを引き出してくれます。

あとはお皿に乗せた時の色合いもいいですよね。

 

ラズベリーだと風味が強すぎて桃をかき消してしまうので、個人的にはブラックベリー推しですね。でも、ブルーベリーもラズベリーとの組み合わせも十分美味しかったです。

桃とベリー系はかなり相性いいですね。

もちろん定番のヨーグルトに入れて食べるのも美味しいですよ!

 

腐り始めた桃はこう食べて!

桃は他の果物に比べてとても繊細です。

少しの傷がすぐ「腐れ」につながってしまうんです。

 

常温で送られてきた桃がまだ少し青くて硬いのに気付いたら腐り始めてるってこともあると思います。

そういう時は、すぐに冷蔵庫に入れてください。

冷蔵庫に入れておけば、腐れはほとんど進行しないのに、果肉の硬さが抜けて行って普通に美味しく食べられるようになります。やってる感じだと最大2週間くらいは美味しく楽しめそうな感じがします。

ただし冷蔵庫に入れる時点で相当腐れが回っているようなら、早めに食べてしまう方が無難だと思います。

 

まとめ

桃って高いんでなかなか他の素材と掛け合わして食べようってなること自体少ないと思います。

私も桃農家になるまでは、そのまま食べてお終いでした。それでも十分美味しかったのですが、桃農家となった今は家に大量の桃があり、色んな食べ方ができます。

一桃好きとして、少しでも桃の美味しい食べ方を知ってもらえて、桃のことを好きな人が増えてくれたらいいなと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です