庭先DIY!丸太で囲む砂場の作り方

娘もそろそろ1歳。

外に出て遊ぶ機会も少しずつ増えてきました。

でも公園は少し遠いし、外で外で遊ぶって言っても庭には何も無い・・・。

何もないなら砂場を作ればいいじゃない!ってことで、やってみました砂場づくりヾ(o゜ω゜o)ノ

今回は丸太を並べて作る、牧場物語の囲いチックな砂場を作ってみました。

 

スポンサーリンク

丸太で作る砂場づくり

 

ではさっそく始めていきます。

まずは砂場を作る場所を決めて、穴を掘ります。

今回我が家では20センチほど掘りました。

基本的にはこの掘った深さが砂場の深さになってきます。

掘った砂は後で使用するので近くに盛りました。

 

砂場の囲い用の木を用意します。

私は現在脱サラしてもも農家になるため開墾しているので、開墾で出た木材を利用しました。

ちなみに脱サラもも農家のブログです。

脱サラ農業実践記!~新規就農成功への道~

 

木を20センチでカットして丸太を作ります。

さすがに木は手に入りづらいと思うので、木の入手はお近くの森林組合に相談されるといいかもしれません。

 

砂場の外周に沿って並べていきます。

砂場の大きさはほぼ1.5m四方ですが、丸太を40本使用しました。

もうこの時点でワクワクしますね!

 

 

排水をよくするために、大きめの砂利を敷き詰めます。

このくらいのサイズのものなら、ホームセンターで200円程度で販売しています。

 

雨で砂が流され、砂利が砂と混ざらないようにするため、ござをかぶせました。

ここは水が通って目が細かいものであれば何でもいいと思います。

 

さて、遂に砂をまきます。これもホームセンターで200円程度でした。

ちなみに他のブログで下記のような砂場用の砂を紹介されている方もいましたが、大きめのホームセンターを2か所見て回っても置いていませんでした。

普通の砂に比べて手触りはいいようですが、価格がだいぶ高めなので資金に余裕のある方は検討したらいいと思います。

 

完成しました!

我が家では15㎏の砂を20袋くらい使用しました。

なんと300kg!!

ちなみに最初に掘った砂は、丸太を外側から補強するためにまんべんなく周りに盛りました。

 

ネットで画像検索しても、なかなか丸太で囲った砂場は見当たらないだけに、オリジナリティーのある砂場に満足ですヾ(o゜ω゜o)ノ

半日あれば十分作れますので、お子さんのと一緒につくるのもありなんじゃないでしょうか?

是非作ってみてください!

投稿者: geradeaus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA