ベニヤから有孔ボードへDIY!費用、手順、所要時間について

なにかと使える今話題の材料「有孔ボード」。

買おうかなと思ったけど、意外と高い・・・。

 

ホームセンターで1820×900×5.5で4,000円くらい。

ネットでも2,000円弱がいいとこで、送料入れると結局3,000円近い。

なら安いベニヤ板買って作ろう!ってことで作ったので、費用、手順、所要時間についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

有孔ボードをイチから作る

費用

まず費用についてですが、ホームセンターでベニヤ板を購入したのみです!
なのでかかった費用は約800円!

なんて安いんでしょうヾ(o゜ω゜o)ノ

 

作成の手順と所要時間

続いては作成の手順と所要時間についてです。
穴をあけるガイドラインを引いたり、穴をあける作業がメインになります。

①ベニヤ板に穴をあけるガイドラインを引く(20~30分)
私は約9cmに1つの間隔で穴をあけようにガイドラインを引きました。

s-dscf1038

 

②ガイドラインに沿って穴をあける(20~30分)
非常に面倒な作業です。ずっと中腰で作業してたので腰が痛くなりました。

s-dscf1078

やっていて気付いたのですが、ベニヤ板に綺麗に穴を開けるのは非常に難しいです。
鉄鋼用(木材も加工可能)のドリルで開けたのですが、木工用で開けた方がまだマシなようです。

調べたらここのサイトが参考になりそうでしたので、有孔ボードの自作を検討する方はぜひ参考にしてください。
ドリル(錐)で木材に綺麗な穴を開ける方法。

 

③ガイドラインの線を消す(15~20分)
これも非常につらい工程でした。
なにより消しゴムを握り続けることで、親指や人差し指の筋肉が痛くなります。

s-dscf1195

 

④表面をやすりがけする(5分)
あとは表面を磨いて滑らかにすれば終了です!
グラインダーでやすりかけしたら、想像以上に削れたので、サンダーを持ってる方はそちらを使用したほうがいいでしょう。

ここまでで一通りの作業はおしまい。

ここからは有孔ボードを壁掛け収納などで使うための一工夫です。

 

⑤裏に補強用に支柱をつける

有孔ボードそのものだけでは、時の経過とともにそってきたり、強度に不安があったりします。

また壁掛けとして使う場合、壁と有孔ボードの間に隙間がないとフックも何も入らなくなってしまいます。

そこで下の写真のような支柱を作りました。

s-dscf1075

 

有孔ボードの大きさによって、この支柱の形は変えればいいと思いますが、今回は交差する場所を組むように作ってみました。このように交差するのは面倒だと思うので、せめて縦横どちらか支えてればいいと思います。

s-dscf1072

 

まとめ

費用は安かったけどかなり面倒だった感じがします。
一応今回の費用と所要時間です。

費  用:約800円
所要時間:約1時間半

 

気持ち的にはもう作りたくはない感じですが、節約は大事ですからね。

たぶん必要になればまた作ると思います。

節約してDIYをしたい猛者はぜひ!

投稿者: geradeaus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA