【鉄棒】3歳児の娘に空中逆上がりを成功させるまでの教え方

3歳8か月で娘が空中逆上がりを成功させました。

それも自分の頭のてっぺんくらいの高さの鉄棒で、逆上がりをして登ったうえで。

 

思えば試行錯誤の繰り返しだった。

これはひそかに娘を運動神経抜群娘に育て上げるためにした、とある父親の2年に渡る奮闘記である。。。

(結果だけ知りたい方は、手っ取り早くまとめの項目をご覧ください!)

 

余裕でできた前回りと逆上がり挑戦のキッカケ

以下の記事でも書いたのですが、

うちの子は部屋の片隅に置いてあった物干しスタンドを使って、早いうちからぶら下がったりしていました。

そのおかげもあってか前回りは教えたらあっという間に習得。

 

ちょうどそのタイミングで、誰だか忘れましたがオリンピック選手が2歳児のうちに逆上がりをしていたという番組を見て、私のスポコンオヤジ魂に火が付きました。

「我が子も2歳児のうちに逆上がり成功」

と、ひそかに目標に掲げ、日々娘と遊んでは身体能力の向上を意識してきました。

 

逆上がりまでの道のり

前回りが成功したのは2歳6か月のこと。

3歳まで残り半年ということで、何とか半年の間に成功させようと仕向けました。

タオルで補助したり、口でタイミングを取らせたりしましたがなかなかできません。

どうしても腕が伸びて、お腹が離れてしまうんです。

なかなか出来ないことで、娘も面白くなくなり結局しばらくは・・・

 

諦める

出来ないときは子供が

「はぁー、無理だー」と言って落ち込みます。

そういう時は潔く諦めて他の遊びをした方がいいです。

ここで無理やり焚きつけても

「出来ないから嫌だ!楽しくない!」

となってしまいます。私も逆上がりを成功させる過程で何度か経験しました。

それに子供が実践することに親が子供以上に熱くなると、子供は一気に覚めます。実際私も小学生の頃、野球を父親が熱心に指導しすぎて嫌気がさしたのを覚えています。

出来ないときは諦めて、またやりたくなったらサポートしてあげる。

一度諦めることは、こどもの楽しい気持ちを大切にするうえで一番大切なことだと思います。

 

そして思い出したかのように再開!

そのころには娘も少し腕力がつき、前より惜しくなっていました。

 

効果があったと感じたこと

1.鉄棒の位置をなるべく低くした

2.お腹を鉄棒から離さないことをとにかく意識させ、補助して勢いよく回す

 

この2点です。

1は鉄棒の位置が変わらないので、踏み台の上にさらに座布団を重ね、鉄棒が娘のお腹付近に来るようにしました。ただしあまり低くしすぎると回る時に下で頭を打つので注意です。とにかくやりやすそうな位置に設定してあげることが、コツをつかみ始めるまでの近道だと思います。

 

2は鉄棒を下げたことにより既にお腹が近づいているので、そこを軸に少し勢いよく回してあげます。これを何度か繰り返します。すると回転するときのイメージが付くのか、その後は少しコツを掴んだように見えます。

 

それでもあと少し回れない。

またくじけそうになるので、今度は・・・

 

同年代の子供の成功例を見せる

広い世の中、ネットを見渡すと同年代でも逆上がりが出来てる子がいるんですよね。

大人の私が見本を見せたり熱を入れて指導するよりも、子供が逆上がりをしている動画、これを見ると娘もやる気を取り戻します。やはり同じくらいの背格好の子がやっていると、自分もできるかもと思うのでしょうね。

 

その後は補助をして練習の繰り返し。

だんだん少しの補助でも回れるようになってきて、遂には逆上がり成功となりました。

 

空中逆上がりができるまでの道のり

逆上がりが出来てから空中逆上がり成功までは早かったです。

 

娘は逆上がりに飽きた時期に、足掛け前回りの練習をしていました。

その過程で鉄棒の上で足を前後に振ることを覚えました。

 

空中逆上がりも同様に足を振ってリズムを取り回るので、原理が似ていたのだと思います。

空中逆上がりも逆上がり同様に、しっかりお腹を鉄棒にくっつけることを意識してもらい、最初のうちは補助を入れて私の力でお腹を軸に回してあげました。

 

するとあっという間に出来るように!

この時点で娘はかなりの腕力が付いていたので、腕が伸び切ってしまった状態からでも逆上がりが出来るようになっていました。

 

 

まとめ

逆上がり、空中逆上がりともに、成功させるにはまず腕力。これが最重要だと思います。

腕力が備わったうえで、お腹を鉄棒から離さない、勢いをつけて踏み切るというコツと言われる項目が初めて活きてきます。

むしろ腕力さえあれば、技術的な部分はある程度カバーできることに気が付きました。

空中逆上がりも体の振りのタイミングめちゃくちゃでも、腕力で強引に回ってます(笑。

タイミングが合った時は綺麗に回ってますが。

あとは鉄棒に触る頻度。うちは室内鉄棒を置いていたので出来たのだと思います。寝る前とかもしてましたからね。

 

私は早い段階から娘の総合的な運動力の向上に取り組みましたが、逆上がりだけで言えばほんと腕力に尽きると思うので(タオルなどの補助具も、結局お腹を鉄棒に引っ付け続ける腕力のサポート)、どうしても逆上がりを成功させたい方は手押し車など腕力強化に役立つ遊びを取り入れるといいと思います。

 

「友達より少し上手に出来る」

これって子供の頃、物事を好きになる最大の原動力だと思います。

勉強、スポーツ、絵や音楽、何においても少し上手に出来て、全部を楽しく伸ばしていけたらなと思っています。

楽しんで育児しましょうヾ(o゜ω゜o)ノ

子供の運動神経を鍛えるには室内鉄棒セットがおススメ

子供の運動神経、大きくなってから困らないように、出来れば早いうちから鍛えておきたいですよね。

私も例に漏れず、小さいうちからボール遊びなどを取り入れていました。その中でも役立ったなと思うのが室内用の鉄棒。

そのおかげで娘は3歳8か月現在、自分が手を伸ばしてやっと届くほどの鉄棒で逆上がりができ、そのうえで空中逆上がりも出来るようになりました。

 

私が室内鉄棒を買うに至った経緯、それをどう活用して娘に空中逆上がりを成功させたかを書いていこうと思います。

 

室内鉄棒セットを買うに至った経緯

室内鉄棒は最初から買おうと思っていたわけではありません。

今鉄棒が置いてある場所に置いてあったものは「室内用の洗濯物の物干しスタンド」

気が付いたら物干しスタンドを勝手に鉄棒代わりに遊んでたんですよ。

そうしたら腕力が次第についていったのか、2歳6か月で前回り、2歳8か月で前回りの後そのまま足を着かずにぶら下がりが出来るようになりました。

 

でもさすがに物干し用とだけあって、補強はしていたんですが遂に壊れてしまいました。

前回りとかを上段でしていたので、プラスチックパーツに結構な負荷が掛かっていたんだと思います。

 

このままでは娘が退屈するかなと思い、室内鉄棒を検討することにしました。

 

室内鉄棒セットと活用法

私が購入した室内鉄棒セットはこちら!

 

これすごいんです。

鉄棒だけじゃなくて、ブランコ、吊り輪もできるんです!

最初は鉄棒だけで探していたんですが、正直鉄棒だけと値段がそんなに変わらなかったうえに、ブランコと吊り輪までついているなんて、絶対こっちを買うに決まってるじゃないですか!

 

でもこれ組み立てて、実際こどもに立ってみてもらってわかるんですが、どう考えても鉄棒が高い位置にあるんですよね・・・。

そこで我が家ではこんな風に使っています。

 

こうすれば吊り輪もしながら、鉄棒も楽しめます。少し狭いですが(笑

でもこれ我ながら結構理にかなっているなと思っています。

というのも、うちの子は前回りが出来るようになるのは早かったですが、そこから逆上がりが成功するまで1年くらいかかりました。鉄棒にお腹を近づける腕力が足らなかったんですよね。

ですが、吊り輪を併設したことにより、鉄棒に飽きても吊り輪で遊んで腕力が鍛え続けられる状況が出来たんです。

そこからは飛躍的にコツをつかみ、逆上がり成功から2か月で空中逆上がりができるようになりました。

 

まとめ

子供の運動能力が向上したのはもちろんのことながら、雨で外で遊べない日でもブランコで遊べるというのは、子供にとっても最高の特典です。

我が家ではリクエストがあればブランコにもしますが、基本は腕力強化をもくろんでいるため吊り輪を装着しています。

公園はちょっと遠いけど、子供にはたくさん運動させてあげたいという人は是非検討してみてください。

子供めちゃくちゃ喜びますから!

それではこれからも楽しく育児していきましょうヾ(o゜ω゜o)ノ

食べるのが遅い子供の解決方法は砂時計で対処がおススメ

子供が食べるのが遅いと本当にイライラしますよね。

こっちは食べ終わってるのに、同じ時間に食べ始めた我が子はまだ半分も進んでない・・・

我が家もこんなこと日常茶飯事でした。

 

でもタイトルの通り砂時計を使い始めると、状況が少しずつ変わってきたんです。

砂時計を使うようになって半年以上経過したので、食べるのが遅い子供の改善について書いてみようと思います。

 

使用した砂時計アプリ

最初は下のような本物の砂時計の購入も検討したのですが

効果があるかどうか分からないし、とりあえず無料のアプリでいいかということで、「Sand Timer」というアプリをダウンロードしました。

Sand Timer ダウンロードページ

 

このSand Timerというアプリでは使用する人の好きな時間を入力して、その時間で砂がすべて落ちる仕組みになっています。

実物では4分とか12分とか中途半端な時間は設定できないですが、このあたりはアプリのメリットと言ってもいいですね。

ただしスマホを立てて使うので、コップに立てかけたりして使っていたら食事中にたびたび倒れることはありました。

 

砂時計アプリを使用した結果

使用し始めて数日。

「砂時計が落ちるまでに食べ終わらなかったら、明日のおやつ無しね。」

 

この言葉とともに砂時計を使用すると、今まで1時間以上かかっていた娘の食事が、30分ほどで終わることが増えました!そして食べ終えたら大げさに褒めてあげていました。

ギリギリ終わらないこともあったのですが、そういう時は砂時計をこっそり止めて終わるのを待ってあげました。

 

が、しかし、

日が経つにつれ、砂時計に間に合わなくなることが増えてきて、

遂には

「許してー、明日のおやついらないからー!!!(号泣)」

 

おやつ大好きの我が子が、おやつを自ら断る日がこようとは・・・

娘は砂時計が大嫌いになってしまいました。

 

砂時計に代わるアプリ登場

そこで妻が探してきたのがこのアプリ。

ねずみタイマー ダウンロードページ

 

このアプリは設定された分数でネズミがリンゴを食べるアプリとなっています。

仕組みは砂時計と全く同じなのですが、このアプリに代えた途端娘はゴキゲンに!

しかも今まで通り時間通りに食べ始めたではないですか!

 

数か月たった今では

「ネズミと競争する!」

と言い出し、自分から早く食べようと努力しています。

 

まとめ

砂時計を使い始める前にも、1番、2番で食べ終えたら金メダル・銀メダルを作ってあげるなど、早く食べることが楽しいことだと認識してもらえるよう工夫していたんですが、結局はネズミタイマーに落ち着きました。

ただ今でも油断してネズミタイマーをセットしていないと遅いこともあって、そういう時は戒めのためにも砂時計をセットしています。でもだいぶ早く食べられるようになり、砂時計にも間に合うようになったので最近は泣いていないですね。

むしろ早くなって1番、2番で食べ終える機会が増えたので、メダル作りが大変です(笑

 

こどもに早く食べてもらうには、結局のところ親が

「早く食べてね」

と促すより、こどもがいかに楽しく早く食べられる環境を作ってあげるかが大事なようですね。

 

 

布おむつで2人を育てた感想を父親目線から書いてみる

我が家では布おむつ育児をやっています。

どちらが言い出したわけでもなく、赤ちゃん生まれたら布おむつだよねっていう共通認識がなぜかあったんですよね。

上の子はもう3歳でおむつは外れているんですが、下の子はまだ1歳5か月でおむつ真っ只中。

まだまだ続くおむつライフですが、父親目線で思ったことを書いていきます。

たぶん一般的なメリット・デメリットにも通ずる部分はありますが、今から一緒に夫婦で頑張って育児するんだって方は是非参考にしてみてください。

布おむつを使用するデメリット

正直ウンチの処理は大変

まずマイナスのイメージの話から。

布おむつの最大のデメリットはこれに尽きるんじゃないでしょうか。

紙おむつならウンチを拭いたおしり拭きとまとめてくるんで捨てたらいいだけですが、布おむつはそうはいきません。

うんちをトイレに流し、それだけだと汚れが結構残るので、我が家ではお風呂のシャワーを全開で出して汚れを落としたり、すごい汚れているときは洗濯機で洗う前に石鹸で手洗いもしています。

 

洗濯物が増える

これは当然ですね。布を交換する分だけ洗濯物が増えるのは分かりきっていますが、それだけじゃありません。

出てないと思って油断していたら、いつの間にかおむつカバーを通り越し、ズボンまで濡れていたなんてこともしょっちゅうあります。

ズボンで済めばいいくらいで、長時間の昼寝の時におむつに変え忘れているとベッドまでおしっこで濡れることもあるので、その辺りはおむつにはない注意が必要ですね。

 

新生児の時の交換頻度は特にすごい

我が家は新生児の時から布おむつだったのですが、その時は本当に忙しいです。

紙おむつなら少し出ても、もう少し待とうかという選択肢もありますが、布おむつは交換しないと泣き続けるため、必ず変えないといけません。

新生児の時はすぐにおしっこが出るので、今変えたばかりなのにまた出たの!?なんてこともしょっちゅうありました。

 

油断したらすぐかぶれる

冬場はたいしたことはないのですが、夏場におしっこが出ていることに気付かずに、布おむつを履かせたままでいると、想像以上にすぐかぶれてきます。

結構ひどくかぶれることもあったので、そういった時は一時的に布おむつに避難して皮膚の調子が戻るのを待ったりしました。

場合によってはベビーパウダーを付けてあげたりもするので、費用面でもここはマイナスですね。

 

布おむつを使用するメリット

確実に経済的

我が家で布おむつを実践することになったメインの理由は間違いなくこれです。

おむつカバーを買ったり、ベビーパウダーが余計に必要になったりしますが、正直金額的にはたいしたことないです。

他のサイトでおむつカバーやおむつ本体にお金がかかると書いてありますが、布おむつ自体はちょっとした布を縫って作ればいいだけの話なので、別にお金もそんなにかかりません。

おむつカバーだって、もし弟か妹ができたら使いまわせばいいだけですので、これもたいした出費にはならないです。

 

男性の育児の時間が増える

この男性の育児時間の増加に関しては、私はメリットだと思っています。

確かに布おむつは交換の頻度が高いです。

新生児の時なんか、さっき変えたばかりなのにもう出たの!?とか思いながらおむつ変えてましたけど、これってよくよく考えたら貴重な時間だったのかなと思います。

紙おむつの場合、結構おしっこがでるまで「まぁいっか」と思って、交換する頻度もそう多くないです。

そうすると必然的に父親が子供のおむつ替えをする機会も減り、育児参加の時間も減ると思うんですよね。

それもあってなのか、長女は3歳の今でもおしっこをした後の仕上げ拭きに私を指名してきます。笑

 

おむつが外れるのが早い?

一応書いてみましたが、これに関しては正直微妙な気持ちです。

私自身ネットでこういうメリットを観ていたのですが、まぁ少しは早いのかなという感じです。ただおしっこやウンチが出た時の主張ができるようになるのは確実に早かったと思います。

ただ元保育士をしていた妻にも聞いてみたところ、この項目をメリットに挙げていたので、実際私が思っているよりも早かったのかもしれないですね。

 

布おむつカバーを買うなら

ここまで読んでくれた方なら、本気で布おむつについて考えているのだと思います。

我が家では布おむつは西松屋やアカチャンホンポ、もしくはネット通販で買ってきました。

価格はネットも実店舗もそう変わらないです。

子供が大きくなるにつれて買い替えが必要なので、買い物が面倒でなければ店舗もネットも見て気に入るデザインを買ってみるのもいいと思います。

紙おむつと違って布おむつは結構かわいいものもあるので、いろいろ見てみるのもアリですよ!

 

まとめ

書いてみたら思ったよりデメリットも多いんだなと、改めて実感しました。

でも最初から布おむつだったのもあり、面倒くさいなとかは思ったことはないですし、それ以上に安くついてるんだろうなという実感があります。

我が家の場合は新規就農のタイミングで乳幼児の育児だったので、どうしても自己資金節約のためにどんな費用でも節約しておきたいという考えがありました。

紙おむつより大変なことは覚悟のうえで、メリットの方に重きを置ける方は試してみるといいでしょう。

子供の初期虫歯にレノビーゴの効果が絶大だった

肥満と虫歯は親の責任と言われますが、注意しているつもりでも虫歯はできてしまうものです。
うちの子も歯が生え始めるのが早かったのも影響したのか、1歳半ごろには虫歯が出来てしまいました。

歯医者さんに行き、進行止めの使用を相談しましたが、女の子ということもありフッ素の使用を勧められました。
使用して約2年ほど経過したので、その効果のほどをご紹介します。

 

レノビーゴってなに

まずレノビーゴについてです。

レノビーゴは虫歯の発生と進行を予防するフッ素配合スプレーで、手軽にフッ素を摂りこめるように開発された薬用歯磨き剤です。

フッ素濃度100ppmと低いため、歯の生え始めた乳幼児でも安心して使うことができますし、フッ素の再石灰化力で初期虫歯なら治癒させることもできるので、是非小さいうちから使っていきたいです。

その他、歯を白くする・歯周炎(歯槽膿漏)の予防・歯肉炎の予防も期待できるようなので、子供に限らず大人にも嬉しい効果ですね。

レノビーゴの使い方

レノビーゴは普通に歯磨きした後に使います。

仕上げ磨きを終え、うがいをした後でレノビーゴを付けた歯ブラシで再度磨きます。

商品説明には歯に直接スプレーしてるようですが、それだと歯の裏側に行き届かないので我が家では歯ブラシに一度スプレーして磨く方法をとっています。

ポイントなのは、その後うがいはしないことです。

レノビーゴの危険性について

ネットを見ていると、フッ素材であるレノビーゴの危険性を心配する方の声が数多くみられます。

確かにフッ素は人体にとって大量に摂取すると毒なのですが、レノビーゴはフッ素の濃度が人体に影響が出ないレベルの薄さなので、特に問題はないようです。

こちらのサイトでは多数のお医者様がレノビーゴの安全性について説明されていますので、心配な方はこちらを参考にしてみてください。

 

メール相談:レノビーゴについて教えてください。 | 歯のねっと

 

あと、なにより私の娘が2年間お医者様の指示通りに使用して、一切健康被害を起こしていないので特に問題はないと思います。

 

2年間使用した効果

現在の娘の虫歯状況です。

正直虫歯の状況は2年間ほぼ変わっていません!驚きです!

一応毎月歯医者に検診に行っているのですが、そのたびに進行は大丈夫そうですねということで特に処置は受けておりません。

油断しておやつも食べさせていたら1度痛みを訴えたのですが、その後おやつの時間や夜には牛乳を飲まないなど気を付けていたら、すぐになんともなくなったようです。

本当に心配なら甘いものは禁止にしていたら、かなり進行は抑えられるんじゃないでしょうあk。

ちなみに現在3歳半ですが、前歯だと治療して詰め物をしてもすぐに取れてしまう可能性が高いようなので、処置はせずにこのままフッ素だけで進行を止めて、永久歯に生え変わるのを待つ作戦です。

 

ちなみに我が家では毎度ネットで送料が無料になるように調達しています。薬局も見て回りますが、やっぱりネットで買うのが安いですね。

 

まとめ

子供の虫歯悲しいですよね。。。

うちの妻も虫歯が発覚したときに自分を責め、相当落ち込んでいました。

特に小さいうちだと、歯医者でも取れる処置の方法が限られます。

今現在子供が虫歯になってしまっているという方は、レノビーゴを使ってみる価値ありですし、使った方がいいと思います。なにせ1歳でできた虫歯がほとんど進行しないのですから。

またフッ素は歯の質自体を強くして、虫歯に強い歯を作る効果があるので、今は虫歯がないお子さんも、また大人でも虫歯予防として使ってみるといいでしょう。

歯は一生もの、子供の歯も自分の歯も大事にしていきましょう!