桃の管理ついでに栗拾いをしてきた

だんだん秋めいてきて朝夜も少しずつ涼しくなってきました。

遠くにある圃場に除草管理の確認がてら行って来たら、栗がいっぱい落ちてきていました。

 

今年は電気柵をイノシシに突破されたので栗は拾えないかなと思っていたんですが、まだ見つからずにいたようで良かったです!

こんなに大量の栗が!

 

中にはこんなに大きな栗をならせる樹もあったので、せっかくなので芽を継いでみようか考え中。

アイキャッチ画像を設定

秋は栗を売るのもアリかもしれないですねー。

 

 

2019年の出荷は冬桃を残し終了!最後は名前の無い新品種【桃日記】

6月20日頃から始まった出荷から丸3か月。

遂に今日、今シーズンの出荷が冬桃がたりを除き終了しました。

こんな遅い時期まで桃が取れるなんて感激です!

 

最後の品種はまだ名無し

現在岡山県下の各組合では桃農家の収益安定化のために、少しでも長く出荷できるよう新たな晩生品種の栽培に力を入れています。

私の所属する組合では桃のリレーが続くのは恵白、黄金桃まで。他の組合ではその後の西王母なども出ていますが、今回出荷したのはそのさらに後の品種。

川中島の枝がわりで生まれた品種ですが、大玉・高糖度と川中島のいいところを引き継いでいます。収穫適期は恵白同様に分かりにくいですが、しっかり待って採ったものの品質は安定している気がします。

 

ただ晩成品種になればなるほど防除が手薄になるので、腐れや虫害の被害は大きいですね・・・。

オレンジ色のコンテナに入っているものは、腐れによって出せない桃なのですが、全体の半数くらいありました。

来年以降はもう少し防除を厚めにしようかと検討中です。

 

あと最近気づいたんですが、桃と紅茶ってめちゃくちゃ合いますね!

まだやったこと無い人は是非試してみてくださいー。

 

雨の日は今後の準備を!

201903101009345cc.jpg

春が近づいてきて雨が降る日が増えてきましたね。
トップの写真は開墾中のほ場ですが、降雨後は地下水位がえげつないことになってます…
これは暗渠必須ですね…

そして先日の雨の日は就農後の為に、廃業される進物業者さんからコンテナを大量に貰ってきました!

20190310100940838.jpg

廃業される会社から資材を頂くことがたまにあるのですが、基本そういった情報は地域の農業仲間から入ってきます。
農業はほとんど1人で作業をする事が多いですが、こういうことも多々あるので、横の繋がりも大事ですね。

ちなみに作業台として卓球台も貰ってきたので、元卓球部の僕はオフの日は卓球でもして遊ぼうかと思います(笑
続きを読む

畑の造成進行中!

1月もはや終わり、2月がやってきました。
1ヶ月早いですね。

現在は摘蕾や冬季剪定の作業を行いながら、間を縫ってほ場の造成作業を行っています。

先日は農業仲間の手を借り、畑に土を入れました!

20190201062528da3.jpg

土を入れた畑は地下水が集まりやすい場所なのに、暗渠を掘っても水を抜く場所が無いため、このように土を入れることに。
この日は寒かったので夕方を前にして、こんなことに!

20190201062535b57.jpg

土は先輩農家の知り合いの水道屋さんの作業残土なので、農業普及センターの方に土壌診断してもらうことになりました。

就農に向けた書類もそろそろ作り始めないとなー…
だけどその前に確定申告か!!
続きを読む

2018年を振り返って

この1年は本当にいろいろあった。
研修ほ場の開墾が終わったかと思えば、豪雨災害でほ場の半分以上が流され絶望。
それでも諦めずにいたら、新たな就農予定地が出てきたり、就農後には成木園で出荷が出来る目処が立ったり、絶望と希望どちらも味わった一年でした。

プライベートでは第2子が産まれたり、弟が結婚したり、消防の市の繰法大会で優勝したり、こちらも充実していました。

今年も終わりということで、崩れたほ場の上まで登ってみました!
やっぱり一回は見とかないとな。

20181231232000e9c.jpg

ほ場から100~200メートルくらいは上になるだろうか。
崩れはじめはわずか数メートルの地滑り、これが水を吸った周りの土、岩、木を巻き込んで、その下の数百メートルの農地に大きなダメージを与えることになったんだなぁ…

崩れた場所のすぐ近くに古墳がありました。

20181231232603c52.jpg

さすが古代ロマンの街!

来年には就農が控えています。
不安と期待が入り乱れていますが、ついに桃農家としてのデビューがすぐ近くまでやってきました。

若いうちは全力疾走の意気込みで、来年も頑張ります!
今年1年ありがとうございました!
続きを読む

今年初の冬桃はケーキで!

先日誕生日を迎えて28歳になりました。
近所のケーキ屋で冬桃を使ったタルトが販売していたようで、嫁が誕生日に買ってきてくれました!

s-P_20181122_190901.jpg

味を確認するために、まずは冬桃だけの部分を食べてみました。
さすが冬桃、果肉はまだ固めでも糖度と香りは申し分ないですね。

ただやっぱり作りづらいみたいで、今シーズンは猛暑や豪雨の影響か、
いつにもましてめちゃくちゃ小さい。

大きくなりにくい品種のため、出荷基準は夏の桃よりも小さくても出せるようになっているんですが、
今年はそれでも出せないくらい小さい果実が多かったようです。

JAの直売所にも梅干しかと思うくらい小さいものが売っていましたし・・・
(そこまで小さいものまで出荷すると、モラル的にどうなん?とは思いますが・・・)

まだまだ品種登録から7年くらいしか経っていない品種なので、
本当に分からないことだらけですが、産地としては少しずつ研究して
安定出荷につなげていきたいですね。

あと来シーズンに向けて、かなり状況が進みだしてきました。
就農に向けて新たな圃場の準備を始める手筈が整い、
12月から手を入れていいことになりました。

さらに、家から30分くらいかかる場所ですが、
成木園を管理させて貰えることになり、これで来年の就農後に希望が持てます!

これからの数年間は雨の日でも休めない、死にものぐるいの日々になりそうですヾ(o゜ω゜o)ノ
続きを読む

冬美白を食べてみた感想。。。少しもの足りないかな

だいぶ秋も深まってきました。
桃の作業も特に無くてシーズンオフモードですが、研修は毎日続いております。
こんなに毎日研修してる産地あるんかな?

ところで我が家ではシイタケだけじゃなくてヒラタケとなめこも少し収穫できました!

s-P_20181104_081549.jpg

s-P_20181104_081506.jpg

原木ものはホントに段違いでおいしいですね。

それはさておき、冬美白を食べたお話。
まず冬美白って何ぞやって方に簡単に説明すると、文字の通り冬の桃です。

10月の下旬から11月の初旬にかけて収穫されて、その後保存しながら出荷する品種で、我が産地『吉備路』の冬桃がたりに時期と出荷形態が近い品種で、現在赤磐のあたりで栽培されています。

冬桃もそうなのですが、この時期の桃はめちゃくちゃ高い!
s-P_20181102_171429.jpg

なんと1玉750円!1000円のものもあります。
パック入りなのにこの値段!

自家消費用にはとてもじゃないけど買えないので、時間があって帰省した時のお土産として買ってみました。
初めて見て驚いたのは値段だけじゃなくて、その大きさ。
冬桃では見たことがないくらい大玉が揃っています。
どうやら大玉になるのも冬美白の特徴のようです。

問題は味。。。
桃の味は間違いなくするんだけど、少し香りが弱いかな?あと糖度ももの足りないかな?
もしかするともう少し追熟した方が良かったのかもですね。

購入した時に持ち帰ったリーフレットにも、12月に買った方が追熟がかかって柔らかいとか書いてあったので、そのタイミングの方が正解だったかもです。

吉備路はセンサーを通る品種以外は、出荷の事を考えると栽培し辛いですが、他産地の桃はやっぱり興味ありますね。
作るのも勉強、食べるのも勉強!

そして、圃場の話。
今いろいろ動き出してます。
年内くらいには新しい話ができるかもしれないので予告だけしておきます。
続きを読む

栽培2年目の桃の果実の大きさについて

桃のシーズンもほぼ終わり、研修では米の予防やらセロリの植え付けなんかをしている今日この頃…

気候も涼しくなり、桃のイベントでは秋期剪定の講習が積極的に行われています。

そんな中少しシーズン中を振り返った話。

今年は災害があったながら、超少しばかり桃を収穫する事ができました。

清水白桃1個、白麗2個、瀬戸内2個…

寂しい(笑
もともと品種確認のために木に5つ以下で袋かけしてたから、少ないのは分かってたんですが…

清水はほぼ土砂で流されたので、これは仕方ない話。
白麗土砂で流されて、まともな木が1本だったのでこれも仕方なし。

瀬戸内も半分が流されたとは言え、5本は立派な木になっているので少しは期待したんですが、ほぼほぼカラスに落とされました!
絶対銃の免許取って駆逐してやる!

で、タイトルの桃の大きさですが
「めっちゃちっちゃい!」

201809131513137fa.jpg

片手に2つとも乗っちゃいます。
来年以降に期待ですね。

しかし、無防備な状態の木にはイノシシの襲来が!

20180913151324c7a.jpg

就農したらワイヤーメッシュ即設置ですね。
続きを読む

平成30年7月豪雨における岡山県総社市吉備路地域の桃園の災害

各地で大きな被害をもたらした平成30年7月豪雨。
発生から2週間が経過しますが、依然豪雨が残した爪痕は大きく残ったままとなっています。
ここ吉備路地域も2日間でおよそ300ミリ弱の雨が降り、いまだかつてない甚大な被害が出ました。

場所は私が管理している圃場がある山。
総社市宿にある龍王山です。
大昔から水の神が山頂に祭られており、水が多い山ということで知られていたようです。

今回この龍王山が4か所土砂崩れを起こし、うち2つが土石流となって山の麓にある桃園を襲いました。

s-P_20180707_102355.jpg

災害の3週間前まではこのように桃の若木が植わっていたのですが、見る影もありません。
s-P_20180615_145008.jpg

圃場へと続く道にも土砂や石、雑木などが流出しています。
s-P_20180707_102223.jpg

土石流で流された木々が道路を挟んで建っていた小屋に直撃し、積み重なっています。
小屋の外壁を突き破り、中まで土砂が流入していました。
相当大きな木も根っこごと流されてきています。
s-P_20180707_102400.jpg

被害はさらに下の園まで及びます。
大量の土砂が株元へと覆いかぶさっています。
s-P_20180712_105026.jpg

数えたところ道路から7枚下の圃場まで土砂の流入が確認できました。
設置していたイノシシ対策のワイヤーメッシュも大破しています。
s-P_20180712_105012.jpg

被害から約2週間。
株元に土砂が被さった木は根が呼吸できず、徐々に枯れ始める兆候を見せています。

私の事を言うと来年の5月いっぱいで研修が終わるので、研修の一環として管理していたこの圃場を譲っていただき、その年の夏には収穫ができる予定で就農に向けた準備を進めていたのですが、ここにきて約70本中40本が被害にあう結果となりました。

災害から少ししてから斎藤農水相が視察に来られ、「意欲のある人がまたここで頑張ろうと思える対処をするのが一番」とおっしゃいました。
親方農家をはじめ、地域の農業仲間の手を借りようやくここまでの桃園になってきていたので、やはりここの地で桃を作りたいという思いは強くあります。

ただ現状ではまたいつ災害が起きてもおかしくない場所になってしまったので、そのような場所に桃をもう一度植えることは難しいでしょう。
なんとか復旧の事業として砂防ダムなどの対策を取っていただき、いつの日かここにまた桃を植えられる日がくることを願っています。

ただし願うばかりでは仕方ないので、それまでに取り急ぎ新植できる場所を探したり、空きそうな成木園の情報を集めたり、来年以降はお金がなければバイトしたり、当面は忙しい日々を送ることになりそうです。

災害に負けない!

s-P_20180708_175026.jpg
続きを読む

袋かけ&6月の圃場整備

梅雨が続きますねー。
せめて1か月に1本は更新しておこうという悪あがきでギリギリの更新です(笑。

さてさて、我がほ場の桃もだいぶ大きくなり、何本かは袋かけできるようになりました!
でも、どうせ実があんまり大きくならないので品種確認のために1本につき5袋程度しかかけてません。

s-P_20180624_150828_BF.jpg

え、銀行強盗がいるって?
そう、この怪しさMAXで作業しているのが私ですヾ(o゜ω゜o)ノ
こないだ工事してるおっちゃんがこれ被ってたんで、涼しいんかなーと思って買ってみたんですが、結構涼しいんですよ!
木もこれくらい大きく育っていますよ。

s-P_20180624_165012.jpg

去年植えた木は私の身長をはるかに追い越し、2m近くまで育ってきています。
どうやら来年は園全体で5000枚くらいは袋がかかりそうらしいです。

研修をしながら圃場整備も少しずつやってますよ。
6月は少し時間をもらえたので大幅に整備が進みました。

第1弾、側溝の施工。ドン!
s-P_20180604_103834.jpg

U字溝は農業仲間から貰って来たんですよー。
これで少しは雨での災害が回避できるかな?

第2弾、園内道の整備。はい、ドン!
s-P_20180613_174136.jpg

竹は近くで開墾した人がいたのでそこで貰ってきて、石は圃場内のものでまかないきれなかったので、近くの土建屋から貰ってきました!資材運びが大変でした・・・。

第3弾、貯水池づくり。ドドン!
s-P_20180619_111130.jpg

これはまだ実は途中なんです。とりあえず圃場内にあった大きめの石を掘った穴に放り込んでいってるだけです。
圃場の一番奥に作っているので、最終的には重量による圧だけで、コックをひねれば潅水できるようにするのが目標です。
また時間が出来たらしっかり整備しよう!

もう明日から7月、週明けには白鳳を収穫するようです。
そうなるといよいよ繁忙期がやって来たという感じがします。
疲れを出さないように早く寝なくては!笑
続きを読む